2023/04/01

メルマガ 2023年4月号

4月になり、新しい年度が始まってお忙しくされておられるかと存じます。 例年に比べ暖かい日が多いおかげで、桜も一気に開花し、いつもより早い春を感じます。 春眠暁を覚えずと言いますが、体調管理に気を付けてシャキッと今月もがんばってまいりましょう。

今月のメルマガは以下の3記事になります

「メタバース経済圏とは」


この文章を読んで何か違和感を感じませんでしたか?
実は、この文章は「メタバース経済圏とは」という質問に対して、BingのAIが作成した文章です。
インターネット上のさまざまな情報や、その関連情報を切り貼りしているのかと思われますが、誤植などはほとんどなく、説明文としてはかなりきれいにまとまっているように感じられますね。その一方、事実だけを述べるニュース原稿のような印象も受けました。
また、体調などに関しての質問には、まず、質問者に対して共感したり労ったりするような文章があり、そのあとに要因等の説明が続きました。
質問の種類に対する返答パターンなども、すごくよく考えられているように見受けられますが、やはりまだなんとなく機械的で(もちろん機械なのですが)、人間味が薄いように感じられます(もちろん機械なのですが)。
しかしながら、すごい進化ですね。いずれはAIは情報だけでなく、最適な判断まで行ってくれる時代がすぐそこまできているのかもですね。身の回りの問題から世界的な問題まで、AIが最適な解決をしてくれる時代は近いのかもしれません。それぐらいに様々な分野からも期待が高いAI、毎月の記事を書くのに利用してしまい申し訳ないですが、私共も今後のAIの発展を期待しています。

しっかり洗濯で火事予防

最近、洗濯物からの自然発火が相次いでいるとテレビなどでもよく取り上げられています。 その原因は、衣類に付着した油が落とし切れておらず、その油が酸化熱で発火するというものです。
機械油やマッサージオイル(美容オイル)や食用油などが付着した衣類やタオルなどは、洗濯しても繊維のすき間に油が残ることがあります。 そのまま乾燥させてしまうと、その油が酸化して、他の衣類と重なって熱が蓄積されることで発火に至ります。 なんでもかんでも発火するというわけではなく、油のまわりに熱がこもるという状況が発火原因になるため、乾燥機の中だけでなく、畳んだ洗濯物からも発火することがあるそうです。 作業着などは、しっかり油を落とすためにお湯で予洗いされたりするかもしれませんが、共働きなどで忙しいご家庭などは、洗濯機だけで楽に確実に汚れを落とせるのがベストですね。
今はお湯で洗濯ができる洗濯機や、洗浄力に特化した洗濯機など、家電メーカー各社からさまざまな洗濯機が登場しており、汚れの度合いや性質に合わせて機能を選ぶことができます。
参考までに洗浄力が高いという評価を得ている洗濯機をピックアップします。


4月から6月はとても乾燥しやすく、火災の規模が大きくなりやすい時季になります。 火災の原因を一つでも減らして、安心で快適な生活を送るためのひとつの習慣として、お洗濯を見直してみるのはいかがでしょうか。

こんなのは全部フィッシングメールです

さまざまな会社からの案内に見せかけた迷惑メールが後を絶ちません。弊社でも『Attend』からの「メールボックスのサイズがクォータ制限に達しました」や「データベースのシステムがアップグレードされたため」というような内容でリンクからパスワード等を搾取するメールを受けております。 Attendからこういった内容のメールをお送りすることはございませんので、絶対にリンクを開かないでください。



アテンドでは、ご利用のIT環境での用途や状況などに合ったおすすめをご提案いたします。また様々なメーカーもお取り扱いいたしますので、ご遠慮なく担当にご相談ください。また、お困りごとがありましたら、お電話およびご希望でのリモート接続を通して、サポートいたします。
お気軽にお問い合わせください

資料