2023/09/01

メルマガ 2023年9月号

制限なしの夏、みなさん思う存分楽しまれましたでしょうか?
今年の長岡花火の観客数は、2日間で29万5000人。前年より1万5000人多かったそうです。
この2日間の長岡はたくさんの豪華な花火や多くの観客のにぎわいに彩られ、祭りというにふさわしい雰囲気に包まれていました。
夏祭り特集も、多くの企業様のご協賛のおかげで大変盛り上がりました。

ありがとうございました。
まだまだ暑さが続いているので、疲れが出てくる頃かと思います。
ご自身の体調と相談しながら、残暑を乗り切りましょう。

 

今月のメルマガは以下の3記事になります

PCを快適に「Microsoft PC manager」

PCを使っていると、急に「なんとなく動作が遅いな…」と感じることがあるかと思います。PCの動作が遅いと、なかなか作業が進まずイライラしてしまいます。
スマホをご利用の方の中には、裏で動いているアプリの動作を制限したり、キャッシュを削除したり、、なるべくサクサク動くように対策をとっている方もいらっしゃると思います。
それと同じことをPCでも行えば、動作が軽くなってサクサクと作業できることが想像できますね。

そこでご紹介するのが、「Microsoft PC manager」です。
現在はWindows10以上のユーザ向けにベータ版が公開されています。
日本語版がまだないようで、英語版がダウンロードされます。

「Microsoft PC manager」でできること

クリーンアップ

  • PCを高速化[boost]
    システムをクリーンアップすることによって、メモリーと一時ファイルを解放してくれます。


  • 正常性チェック[Health check]
    クリーンアップできるファイルなどの検索、ウィルススキャン、スタートアップアプリのチェックなどをしてくれます。


  • ストレージの管理[Storage management]

    ・Deep cleanup:ディスククリーンアップで、不要ファイルを削除できます。

    ・Manage large files:巨大ファイルの検索と削除をしてディスク容量を軽量化できます。

    ・Manage apps:使用頻度の低いアプリの管理ができます。

    ・Storage sense:一時ファイルの処理方法を管理できます。
  • プロセス管理[Process management]
    バックグラウンドで動いているアプリの管理ができます。
  • スタートアップアプリ[Startup apps]
    PC起動時に起動するアプリの管理ができます。

セキュリティ

  • Windowsアップデート[Windows Update]
    Windowsアップデートの更新確認ができます。
  • ブラウザ管理[Browser Management]
    デフォルトのブラウザを変更できます。

PCの動作が重いなと思うときに、原因になる可能性の高いものをパッとボタン一つで解決できるのはとてもありがたいです。キャッシュなど、知らず知らずのうちに溜まっていて思った以上にメモリの容量を食っているということもあります。
Windowsの環境を常に新しく正常に保って、ストレスフリーで仕事をしたいですね。

「Microsoft PC manager」を使っても重い、明らかに動作がおかしいなどの問題が発生しましたら、アテンドにお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

お月見を楽しく♪おすすめアプリをご紹介

もう9月ですね。まだまだ暑さが続いていて、秋という感じはしないかもしれませんが、よーく耳を澄ましてみると、蝉の声よりも秋の虫の声の方が大きくなってきているように感じませんか?
気づかないうちに季節は着実に進んでいて、暦では夏祭りから収穫に関するお祭りが増えてくる頃ですね。
そして、今月29日(金)はお月見です。
十五夜とも言ったりしますね。
十五夜というのは、月の満ち欠けを基準にした旧暦(太陰暦)の15日の夜を指し、満月に近い月が出る日になります。
新月から満月になるまでの日数には変動があり、必ずしも旧暦15日が満月というわけではありませんが、月がきれいに見える秋の旧暦8月15日、すなわち現在の9月の満月の日を十五夜と呼ぶようになりました。
中秋の名月という名前もよく聞くと思いますが、1年を3か月ごとに区切って季節を分けたときに、旧暦では7~9月を秋と呼び、8月15日がその期間の真ん中ということから「中秋」、その夜に見える十五夜の月を「中秋の名月」と呼ぶようになりました。

「中秋の名月」というと「お月見」ですね。
古くは中国で、旧暦8月15日の中秋節に月餅やスイカなどの丸いものを月にお供えして、五穀豊穣を祈ったことに始まるそうです。
また、「中秋の名月」「芋名月」とも呼ばれていて、里芋をお供えすることもあったそうです。月見団子は里芋を模したものだとも言われています。


五穀豊穣も祈りつつ、名月とも呼ばれるきれいな月を、この日だけでもゆっくり鑑賞してみるのはいかがでしょうか。

せっかくなので、月が昇るところから見てみたいですよね。
そんなときに便利なのがこのアプリです。


日の出、日の入り(Oceano Inc.)


このアプリでは、日の出・日の入りや月の出・月の入りの方角を地図上で確認できます。名前は「日の出、日の入り」ですが、月の出と月の入りも見ることができます。
夜明けの時間や月齢なども、とても詳しく見ることができます。


Google Play「日の出、日の入り」


アプリの使い方などが詳細に紹介されているサイトもあります。
『日の出 日の入・月の出 月の入の時間と方角ピンポイントアプリ!無料で便利な秀逸アプリ』(写真を楽しむブログ)


月の出を楽しんだら、今度は月見団子を頬張りながらゆっくり天体観測もしてみませんか。

天体観測におすすめのアプリはこちら。
Star Walk 2


Star Walk 2


Star Walk 2は、空にスマートフォンをかざすと、かざしたところに見えている星座が表示されます。また、星座や星の名前を検索すると、その星座や星がある場所にスマートフォンを誘導してくれますし、天の川を探すのも簡単です。その他にもさまざまな機能があるので、天体観測好きの方には外せないアプリです。

星座早見


名古屋市科学館


星座早見は、名古屋市科学館の星座早見盤をアプリ化したもので、小学生の頃の理科でやった天体観測を思い出しながら星空を見ることができます。ご家族で一緒にこっちかなあっちかなと言いながら見てみるのに最適です。


空を賑わしていた花火の時季も終わって名残惜しいですが、秋の夜長という言葉もある通り、夜が少しずつ長くなって、過ごしやすくなってくるこの時季こそ、ゆっくりと夜空のロマンに浸ってみませんか?

フェニックス2023 ~弊社屋上から~

今年の長岡花火は、8/2と8/3の両日において、昨年を超える29万人以上の観客数で、県内外から多くの方がここ長岡に集まりました。現在の長岡市の人口が25万9千人ほどなので、長岡市の人口以上の人が会場に訪れたことになります。

長岡花火は、「慰霊・復興・平和を祈る」花火でもあり、特別な想いを受け継いで毎年盛大に打ち上げられます。日本三大花火大会の一つでもあり、全席有料かつ抽選となりますが、長岡市民は先行しての抽選申し込みがあったりて、先行抽選申し込みの案内が来ると、急に夏に向けてのモチベーションが上がります。
有料観覧席は、信濃川をまたいで右岸左岸に設けられ、当選すれば素晴らしい花火を間近に迫力満点で堪能できます。

長岡花火の中でもハイライトとなる「復興祈願フェニックス」や上空で直径650mもの大輪を咲かせる「正三尺玉」は毎年見物で、平原綾香さんの『Jupitar』に乗せて約2kmに渡って揚げられるフェニックスには、見る人の誰もが感動せずにはいられません。大勢の他人同士が、同じ場所で同じものを見上げて感動の声を上げる、もはやフェスのようなあの空間は格別です。
そんな花火会場のすぐ近くに弊社のビルがあります。地の利を生かして?屋上に上がれば、それはもう素晴らしい眺めです。本音を言えば間近の有料席で見ることができれば最高ですが、ほぼ毎年屋上で見させてもらっています。今年も無事にフェニックスを見ることができました。ありがたい限りです。
たくさんの素晴らしい映像がYouTubeにたくさん上がっておりますが、弊社屋上からの眺めもタイムラプス動画で楽しんでいただければ幸いです。



夢のような2日間でした。また来年が待ち遠しいですね。

資料